干渉低周波 頻尿・尿失禁治療器 ウロマスター |株式会社メディカルタスクフォース|電気刺激装置 保険適応|排尿機能関連

排尿機能関連

電気刺激装置 ウロマスター

干渉低周波 頻尿・尿失禁治療器 ウロマスター

頻尿・尿失禁治療器 ウロマスター 副作用がなく、
安全で操作が簡単です
ウロマスターは干渉低周波により、膀胱排尿筋・骨盤底筋を刺激し、頻尿・尿失禁の治療を行う機能的電気刺激装置です。国内で唯一、保険治療が認められている治療装置です。薬事承認番号:20600BZZ00969000

干渉低周波治療法

干渉低周波治療法は、皮膚表面での刺激抵抗の少ない、4000Hz帯の中周波を用います。2つの異なる中周波電流(4020Hzと4000Hz)を体内で交差させるように流し、その位相差により生じる低周波20Hz(4020Hz-4000Hz)により神経、筋組織の刺激を行う治療です。周波数の低い10Hz領域では麻痺した筋肉に刺激を与え、100Hz領域では興奮した筋肉の鎮静がもたらされる効果があります。ウロマスターでは10Hz、20Hz、50Hzの干渉低周波を用いています。膀胱周辺の排尿筋、骨盤底筋に刺激を与えることで、頻尿・尿失禁の治療を行います。

ウロマスター専用電極

干渉低周波 専用電極 品名 : 粘着パッド ウロマスター専用
品番 : MTF-MD1

平成24年6月18日以降当社出荷分よりテクノゲル電極(010-SR5050)から、「粘着パッド ウロマスター専用(MTF-MD1)」に変更になりました。製品仕様、価格・包装単位ともにの変更はございません。
    
ウロマスター用 電極変更のご案内

ウロマスターの特徴

●副作用が少ない
●粘着パッドを貼り、電流を流すだけの簡単作業
●皮膚表面で痛みが少なく、効果的に筋収縮を行う。
●腹圧性尿失禁・切迫性尿失禁に効果
●男性・女性、性別を問わず使用でき、保険適応。
●尿失禁治療を経費的電気刺激で行える

着衣のままで治療可能です

皮膚の表面に電極を装着するだけ
患者さんに抵抗感を与えずに刺激が可能。神経性頻尿、切迫性尿失禁、腹圧性尿失禁、導尿カテーテル留置初期の違和感、経尿道的前立腺切除術後の頻尿などの排尿障害に適用されます。

ウロマスター専用電極 粘着パッド貼り付け例 「粘着パッド ウロマスター専用電極」を下腹部と下臀部に貼り付けます。
右下腹部-Aと左下臀部-Aとし、左下腹部-Bと右下臀部-Bとで、AとBが互いにクロスするように電極を貼り付けます。
          

干渉低周波が排尿に関する神経を刺激するイメージ 下腹部とお尻に装着した計4枚の電極から、周波数の近い2種類の電流を流すと、交差した骨盤内で干渉低周波が発生し、骨盤底筋や排尿に関する神経を刺激する。
治療は1回20分。痛みもなく洋服も着たまま椅子に座って本を読みながら受けられる。
記事「尿漏れの低周波治療 最新医療 医療 医療と介護」
読売新聞(2005年12月26日夕刊)から 

治療による痛み、副作用が伴いません

干渉低周波電流による電気刺激 4000Hz帯の中周波電流は、皮膚抵抗値が51.6Ωと低く、体表皮膚面での不快なピリピリ感がありません。干渉電流型低周波治療とは、中周波電流の皮膚への浸透性が優れ、神経伝導を阻止する特性を用いて、2つの異なる周波数の中周波電流を体内で合成させ、その合成電流=干渉電流(InterfFerencial Current)の 低周波成分で神経・筋組織の刺 激を行う療法。

中周波電流と皮膚刺激との関係 中周波電流が流れている間、暫定的な神経膜脱分極を生じ、神経の伝導を阻止する(ウエデンスキー効果)。中周波電流は痛みの伝達と知覚に対して阻止効果を持っている。この効果により刺激電極下において知覚が減少。     

ウロマスター採用施設様からのコメント

ウロマスターご採用施設様からコメントをいただきました。                      

なごみ泌尿器科クリニック 院長 御厨 学 先生

福岡 なごみ泌尿器科クリニック 御厨学先生 福岡市中央区黒門2-31 佐藤ビル2階
TEL:092-728-0753 
                          

「合併症や副作用でお薬の治療が難しい方に最適です」
緑内障や心臓病などの合併症、喉の渇きや便秘なの副作用などでお薬の治療が難しい方に最適です。患者様の評判も良く、「気持ちよくて治療中に眠ってしまいました。」「おしっこを我慢できるようになりました。」などのコメントを頂いております。症状でお困りの方はお気軽にお問い合わせ下さい。

2016年7月25日

ウロマスターご採用施設

ウロマスターをご採用いただいた施設の一部をご紹介させていただきます。

治療時間

1回20分を目安とします。
副作用   
使用中の薬剤との併用治療が可能で副作用の報告はありません。
適応症例
神経因性膀胱、不安定膀胱、腹圧性尿失禁ならびに神経性頻尿に伴う頻尿・尿意切迫感及び尿失禁 
尿失禁治療にて唯一保険請求が可能
処置(泌尿器科処置) J070-2 干渉低周波による膀胱等刺激法 50点
入院中の患者は対象外。3週間に6回を限度、その後は2週間に1回を限度(ご注意:尿失禁治療以外の目的で医療機器承認を得た干渉低周波治療装置での保険請求は違法となります。)

禁忌・禁止事項

1.本機は干渉低周波 頻尿・尿失禁治療器である。他の目的に使用しないこと。
2.次のような人には使用しないこと。
 (1)植込み型電子装置(例えば、ペースメーカ)を装着した患者。
 (2)糖尿病などによる高度な末梢循環障害による知覚障害者。
 (3)温度感知喪失者。
 (4)酒気を帯びた人。
 (5)悪性腫瘍のある人。
 (6)妊婦(胎児への影響が解明されていない)および産後の安静時
 (7)月経時の方。
3.次の人は介護者なしで使用しないこと。
 (1)麻痺のある人。
 (2)12歳以下の子供。
 (3)意思表示ができない人。
4.治療部位(下腹部・下臀部)及びその周辺以外に装着してはならない。

保守・サービスについて

医療機関が患者さんに提供する医療は、「安全」で「安心」できるものでなければなりません。医療機関が常に医療機器をベストの状態に維持管理していくことが「医療法」に定められています。特に疾病の診断、治療などが適切に行われることを期待して実施する医療機器の保守点検は、製品の性能を維持し、安全性を確保する上で不可欠です。

平素ご使用頂いている干渉低周波 頻尿・尿失禁治療器「ウロマスター」は、干渉電流型低周波治療器に分類され、厚生労働大臣が指定する「特定保守管理医療機器」に該当します。

~医療法で定められている保守点検~
                       

ウロマスター SD-U2100 パンフレット
ウロマスター SD-U2100 添付文書

管理医療機器 (干渉電流型低周波治療器) ウロマスター
薬事承認番号:20600BZZ00969000

製造元
株式会社日本メディックス
〒277-0922
千葉県柏市大島田2丁目5番地1
TEL 047-193-2220 (代表)


販売元
株式会社メディカル・タスクフォース
〒550-0006 
大阪市西区江之子島1-7-3 奥内阿波座駅前ビル702
TEL06-6446-2100(代表) FAX06-6446-2105
  

Page Top